京都を拠点とし、関西一円を対象に仕事をする設計事務所です。住まいや家づくりに関するご相談は、お気軽にメールでどうぞ。

クライアント=施主(家づくりに臨もうとしている皆様)の新居への期待、要望をお聞きし、整理して予算に合った計画(設計)をし、クライアントの代理人として役所への申請業務を行い、見積り調整をし、工事全体をチェック(監理)し、完成まで滞りなく進めることが仕事です。 (ちょっと分かり難いですね。家が出来るまで をご覧ください)

設計図を書く人、と認識される方もいらっしゃいます。確かに図面も書きますが、この作業自体は、全体業務の3割前後です。空間を計画し、それを具体的に完成させるまで監理することが設計事務所の本質です。そのために必要な作業としてスケッチで検討したり、図面や模型、パースの制作、また、打合せをし段取りを考えること、だったりします。

メリットは、各設計事務所やお客様の考え方により、まだまだあると思われますが、基本的な考え方をあげています。 一方考えようによってはデメリットと思われる事も当然あります。 要望を伝えてから、家が完成するまで頻繁な打合せに付き合わなければならない、住まい方を本気で考えなければならない、 など時間がとられます。ただし、これらは考え方次第ではないでしょうか。同じ大金をかけるなら、結果を買う、ということではなく、家づくりのプロセスそのもの(苦楽、でしょうか)をご家族とともに経験し共有する、これが家づくりの醍醐味とも言えます。そうやって出来上がったマイホームは、日々の発見やご家族の成長とともに変化し一緒にうまく育っていくことでしょう。

住宅雑誌だけでなく、今や多くの設計事務所がホームページを持っています。それらを見比べ、気になったところをいくつかアポをとって会い、付き合いが続くであろう相手との相性を直接確認してみてください。ただし、単なる訪問ではなく事前相談ということになると、有料の場合がありますのでその点だけ先に確認しておくのが良いでしょう。

依頼するメリット

○狭小や変形土地での個別設計の必要性
○設計事務所に依頼することで、憧れだった事が実現。夢で終わりません。
○第三者監理による公平性(見積り金額や工事内容など)
○自由な予算配分による自由なプラン
( コストをかけるべき部分と、そうでない部分を整理し、希望の家を計画)
リビングビジョン ホームへ戻る
  設計事務所とは