京都を拠点とし、関西一円を対象に仕事をする設計事務所です。住まいや家づくりに関するご相談は、お気軽にメールでどうぞ。

一般的に設計費用は、設計料率表により算定されます。この料率とは、建築工事費に対する割合(%)で、建築の難易度により料率は変わります。例えばリビングビジョンでは、2500万円の工事予算の場合、 <2500万円×10.4%=260万円=設計費用>となります。 設計事務所により多少の高低はありますが、住宅(第4類)は規模が小さい割に非常に手間が掛かるため、倉庫(第1類)や事務所(第2類)などに比べてどこも料率は少し高くなっています。
1. 現場調査や法規チェック、、必要資金の算出
2. プランニング
3. 基本設計図書の作成
4. 実施設計図書の作成
5. 予算調整、施工業者の選定
6. 役所への確認申請や各種検査の手続き
7. 現場進行監理
8. 施工図チェック
9. その他家づくりに関する相談全般を含みます。
その他、通常の業務範囲以外の作業(建築確認申請以外の各種申請手続きや追加変更工事など)が発生する場合は、状況に応じて実費精算が発生します。また、設計料の基準になる工事費は、設計契約時点の想定工事費を元とし、最終的に確定した工事金額に応じて、設計料の算定をやり直して精算します。
工事費
戸建住宅新築の場合
〜1800万円
12〜15%
〜2000万円
11.9%
〜2250万円
10.9%
〜2500万円
10.4%
〜2750万円
10.2%
〜3300万円
10%
〜3700万円
9.8%
〜4000万円
9.6%
リビングビジョンの設計監理料率表
*下表は目安です。ご依頼の際に、お見積りいたしますので、
まずはご相談ください。
建築種別 凡例
[第1類] 工場・倉庫・車庫などの簡易なもの、上屋の類
[第2類] 工場・倉庫・車庫などの複雑なもの、体育館・学校・事務所・
     百貨店・商店・共同住宅の類
[第3類] 銀行・美術館・図書館・劇場・映画館・ホテル・旅館・
     病院 診療所・高級共同住宅
[第4類] 住宅・室内装飾を含めた店舗
[第5類] 記念建造物・寺社・茶室・室内装飾・ショップフロントなど

設計監理料の業務内容は、以下のようになります。
工事費
住宅のリフォームの場合
〜1000万円
16〜20%
1000万円〜
10〜16%
*店舗計画の場合も、上記を目安に内容ごとに算出します。

[設計費用に関するお知らせ]

2007年6月以降の
建築法改正により、
設計費用の計算方法が変わり
現在、左表を修正中です。
修正しだい、更新いたします。

当面は、個別相談により
お見積もりいたしますので
詳しくは、お問い合わせください。

リビングビジョン ホームへ戻る

  設計費用   一般的な考え方と、LIVの場合の費用目安