京都を拠点とし、関西一円を対象に仕事をする設計事務所です。住まいや家づくりに関するご相談は、お気軽にメールでどうぞ。

リビングビジョン ホームへ戻る
  気になるモノゴトな話

  ノガミ+タナベ周辺。息抜きにどうぞ。

2005.7.16 祗園祭り宵山の1コマ。狂乱の四条通りから一本入れば情緒たっぷり。。。詳細こちら。

  
2005.7.15 京都・宝ヶ池の花火大会。今年は新作ナイアガラの滝(だと思う)が。
 
2006.7.15 今日は宇治三昧。ハスの三室戸寺から中村藤吉茶店のある宇治橋商店街を満喫。詳細こちら。
 
2005.9.某日
深夜TVで「聖痕/スティングマーター」というサスペンス(?)映画を見る。どこにでもいそうないまどきイケイケ女にキリストの十字架磔の際のくさび打ち込み痕が突如からだにあらわれ、何かが乗り移って、といういわゆるプチオカルト話。「あなたが想えばイエスはどこにでも居る」的なコトバを吐くその女性をバチカン司教が殺そうとし、それを阻止する平神父、というぬるい主旨なのですが最後のナレーションが興味深かった。
いわく「実際に、その言葉を記す・・・の福音書が1945年に発見され、研究者の間では評価されているが、バチカンは否定・・・」ほぉー。作り話の映画ではあるが骨子は事実、と。彼の地に詣でなくても大丈夫、僕はあなたたちのそばにいつも居るから、なんて教会の存在意義がなくなるような事はアカンことなんですねぇ。
無宗教な私には縁遠い話ですが、映画ってやっぱりスゴイ。。。(M)


2005.8.28.sun./cantaloop 専門学校講師時代の先生仲間、卒業生たちと久しぶりに。(M+J)


  2004.11.10.wed. 挿花展[道草]
4年に1回、とオリンピック化しつつあるお花の展覧会。タナベが属する「艸去風流」主催です。和花と先生の人柄に惹かれてもう8年が過ぎたにもかかわらずようやく第3回。山へ草木を採りに行き、それを仕分けて、あれしてこれして...花を活ける、というのは体力仕事だと実感。手作り展覧会だけどこういうのが本当におもしろい。これはまた改めて別ページで紹介予定。(いつになるやら/M)






2004年国際合気道大会

20年来の友人J子はフランス在住ですが年に1、2回日本に里帰りする合気道に命がけの主婦。今年は彼女が所属する合気会の世界大会が東京で開催されるとのことで、いさんで東京へ。なぜか私も見学へ。マナーを知らない非常識者はさんざん注意を受けながらも無事見学終了。大きな組織らしく世界中に支部があるらしい。熱く語るJ子はその昔、うどんそばお好み焼きぐらいしか外食では食べられないほどの偏食家。常に「体、調子悪い...」を繰り返す黒い服しか着ない女だったのに。人間って劇的に変わるのね...。ともかく超体育会系に変貌を遂げたJ子のほか、半分以上が各国からの参加者。日本人よりよほど礼儀をわきまえた人々が代々木の体育館にウジャウジャ。彼らがいっせいに組み手の様々な型を繰り返す珍しい光景に釘付けになった一日でした。  合掌... (M)
いろんな言語が飛び交う中、外国人に間違われた私。「プリーズシッダウゥン!」「イエス...」なぜか英語で答えた私は嘘つきです。ゴメンナサイ、監視員さん... 「ノーフォトッ!」「イエース...」でも掲載。ゴメンナサーイ。